玉骨遥(最終回)結末は? 41話42話43話ネタバレ鑑賞感想で解決

中国ドラマ「玉骨遥」作品概要

シャオ・ジャン主演

大ヒットベストセラー小説「鏡」シリーズの「朱顔」をドラマ化したファンタジー・ロマンス時代劇!!

 

あらすじ

スポンサーリンク

空桑の時影世子は皇妃殺害の濡れ衣を着せられると聖地・九嶷山の大司命である時鈺によって救出されるが成人するまでに死を悼んだ者と出会えば殺されると予言を受けます。

赤族の朱顔郡主は一度しか会った事もない世子の死を追悼していました。

数年後、九嶷山を訪れた朱顔は死者復活の呪文を求め禁断の地に足を踏み入れると孤独に法術を修練する神秘的な青年と出会い心を奪われるがそれは成長した世子だった。時影もまた彼女が予言の娘であると知りながら次第に惹かれていく・・・

 

 

キャスト/シャオ・ジャン&レン・ミン共演

時影(シャオ・ジャン)
1991年10月5日誕生、「狼殿下」「斗羅大陸」など
朱顔(レン・ミン)
1999年12月17日誕生、映画「悲傷逆流成河」ドラマ「孤城閉」など
時鈺/大司命(ハン・ドン)
1980年11月11日誕生、「長安 賢后伝」「玉昭令」など
赤淵(ファン・イールン)
1992年12月26日誕生、「長歌行」「明月記」など
白雪鷺(ワン・チューラン)
1999年1月21日誕生、「尚食」「清平兵」など
青罡(ワン・ズーチー)
1996年2月25日誕生、「宮廷恋仕官」「鳳星の姫」など
白嫣(ツォン・リー)
1976年9月17日誕生、「甘いロマンス」「星漢燦爛」など

 

ネタバレ感想/玉骨遥

 

41話・破壊神 虚遥が現る

時影と朱顔は龍神に会いに行くと赤淵の魂魄を守っていたから直接聞けばいいと言われ驚きます。朱顔は時影に習った術で封印を解き呼びかけると赤淵は復活し、本当の海皇は他にいるだろうと時影は訴えます。
葉城で抱いていた子が海皇だろうと告げると朱顔は蘇摩がそうだったのかとすぐに気付きます。

 

今日が2月29日だと知る赤淵は黄泉の泉に行くと如意と蘇摩がいました。蘇摩が悪夢に苦しんでいたので朱顔たちは夢を変える術を施し救出します。龍神と海皇がつながり碧落海への道が開かれる日だったので赤淵たちは蘇摩と如意を見送ります。
しかし赤淵はいきなり襲ってきた破壊神の虚遥に体を乗っ取られてしまい、時影は星尊帝を操った奴だと察します。
曜儀の最後の意識を雲散させたのは朱顔だと操られる赤淵は「曜儀を私に返すなら命は奪わない」と時影を攻撃します。時影が殺されそうになったので赤淵は「あなたの曜儀になる」と訴えそのまま連れ去られます。

 

曜儀の肖像画を目にした朱顔はあまりにそっくりだったので赤淵が思い込むのも仕方ないかもと思います。さっさく婚礼を挙げられそうになったので両親の許可を得てからだと告げると空桑人との婚礼を拒まれたではないかと言われます。
女子は華やかに祝ってもらいたいものだと告げるが時間稼ぎをしようとしているのだと見抜かれます。
曜儀との情には負けるけど私との間にも絆はあったはずと訴えると、朱顔を守ると赤淵が一瞬正気に戻ったので必ず助けに来ると告げ逃げるが結界から抜け出せませんでした。操られた赤淵に連れ戻されるが朱顔は隙をついて時影に居場所を教え鶴を送ります。
助けに来た時影と協力して戦うと一瞬我に返った赤淵に早く行けと言われ脱出します。

赤淵は蘇ったばかりなのに乗っ取られるは傷付けられるは災難続きですね。

 

42話・星に誓う愛

破壊神の虚遥に体を乗っ取られた赤淵は操られないように必死にもがいていたが海皇を見つけてきたら朱顔を曜儀にさせてやると言われ笑みを浮かべます。
「赤淵は海国軍を率いて乱を起こし今は氷族の首領になってる。匿っていた赤王と王妃は裁きを恐れ自害した」と民の声を耳にした朱顔は驚き急いで戻ると葬儀中だったので目を疑います。
赤淵がやってきて郡主を渡さないなら停戦せず嘉蘭へ攻め込むと脅されたと聞かされ、時影は虚遥は赤族の存続の危機を利用し従わせようとしたのかと言い悲しむ朱顔に寄り添います。

スポンサーリンク

 

時影は皇帝に謁見すると赤族の件で悔やんでいたが、朱顔と共に氷族を撃退し赤王に潔白を世に示すので兵権を与えてほしいと願います。星尊帝が白薇皇后への妄執に付け込まれたことが混乱の発端で、虚遥の持つ蠱毒の力を皇天と后土が強め氷族の兵を怪物に変えたのだと教えます。
虚遥が海皇を見つける前に指輪を取り返さねば空桑だけでなく雲荒が滅びることになると訴えます。

 

朱顔は白塔に時影を呼び娶りたい気持ちが変わらないなら今すぐ祝言を挙げようと告げます。幸せな一時を過ごすがもう誰も死なせたくないので時影が眠っている間に朱顔は置手紙を残して出て行きます。
目覚める時影は朱顔を追うが皇帝が危篤ですぐに皇城へ行くよう言われます。時雨と協力し後を頼むと託された時影は初めて父上と呼び安心してくださいと告げるとそのまま皇帝は息を引き取ります。
時影は青罡と白雪鷺に軍を任せると重明が九嶷山の神官を率いて駆け付けてくれます。皇天と后土は脅威だが星尊帝が作ったもので七曜の術も星尊帝が編み出したので二つをあえて戦わせてみたらどうかと相談します。
皇天の力を感じ引き戻そうとして失敗に終わるが虚遥が呪文を唱えたのだと察し皇天を守るために精気を消耗したはずと思います。

もうこの朕はいつも嘆いていてダメダメですね。白嫣が亡くなる事もなかったし朱顔も肉親を失うこともなかったよ。こやつならさっさと朱顔を引き渡しそうだから赤王と王妃が自害したんだろうな。そして亡くなるときもタイミング悪いww
朱顔は祝言を挙げようと言い出したから今?!と思ったが時影を置いて行くためだったのね

 

43話/最終回・最後の戦い

虚遥に憑依されている赤淵は時影が皇天を奪おうとしたために力を損ねてしまったと苛立ちます。朱顔は首根っこを掴まれるが「私は確かに曜儀、しかしあなたは私の赤淵ではない」と訴えると手が離されます。
氷族軍は不死身の力を失ったと報告を受ける時影は朱顔がどのような決断を下しても戻ってくると信じているので一気に法術で潰しに行くと重明に告げます。

スポンサーリンク

 

朱顔は赤淵が二つの指輪による天地破壊の力を発動し雲荒を滅ぼすつもりなので虚遥が碧落海に入る前に指輪を奪わなければと思います。
あなたは指輪に守られるけど私は塵となってしまうと言葉巧みに誘導すると后土を贈られます。皇天の呪文は一体どんなものなのか危険を承知で聞くが雲荒を滅ぼすときに分かると言われます。
時影は氷族を投降させ最後までしぶとく攻撃してくる巫咸も法術で倒すと朱顔と再会する。
朱顔は赤淵が来たので法力で時影を封じると、そんなに心配ならはやく朱顔の記憶をすべて消してと促します。
何をするんだと時影は叫ぶが朱顔の記憶が消えてしまう前に呪文を悟ると皇天の指輪が移りました。
皇天と后土の指輪を得た朱顔と時影は琉璃幻境に引きずり込まれ虚遥の法術大戦が始まるが赤淵は蠱惑を脱し虚遥を自分と共に消滅させてくれと訴えます。
しかし道連れは失敗し虚遥は朱顔を操ったり時影を操ったりします。

 

時影は私を殺せば虚遥を営会陰に体内に封印できると朱顔に訴えます。朱顔は玉骨を握りしめ自分には出来ないと涙を流すが民の危機を救うために法術を習ったのだろうと説得され突き刺します。
1年後、青罡は陛下・時雨に謁見し白雪鷺の葉城復興を支えたいから王位を返上すると告げ許されます。氷族残党を追い続けていた朱顔は雪寒薇が花開く頃、約束通り時影が戻ってきたので笑みを見せるのでした。終。

最後は花の精なのか転生したのか分からんがハッピーエンドって事で。。最初出て来たときは時雨と白雪鶯が結ばれることはないと思っていたが陛下と皇后、そして赤ちゃんも抱いていましたね。よかった。
虚遥が1人でしつこく遊びすぎ、操られたり我に返ったり朱顔と時影大変だったよww

 

華流ドラマ
スポンサーリンク