「スティーラー」3話4話5話ネタバレあらすじを鑑賞感想で詳しく

韓国ドラマ「スティーラー 七つの朝鮮通宝」

「アリス」や「猟奇的な彼女」のチュウォン主演。
昼は公務員、夜は怪盗として二重生活を送る主人公、文化財強制回収チームと巨大な敵とのし烈な攻防を描くコメディアクション

 

あらすじは?

スポンサーリンク

非公式かつ非合法的に文化財を回収するチーム・カルマと巨大な敵との熾烈な戦い!!
仕事が大嫌いな文化財庁の公務員ファン・デミョンとソウル警察庁の文化財専門担当チーム、そして謎に満ちた文化財専門の怪盗スカンクがカルマを構成。
韓国のどこかに隠された30兆ウォンに値する大量の文化財と謎の宝を回収するという最大のミッションに挑む!!

「スティーラー」全12話あらすじ一覧はこちら

 

 

キャストは?

ファン・デミョン(チュウォン)
文化財庁特別調査課公務員
チェ・ミヌ(イ・ジュウ)
知能犯罪捜査隊文化財専担チーム刑事、主席で大学卒業
チャン・テイン(チョ・ハンチョル)
知能犯罪捜査隊文化財専担チーム長
シン・チャンフン(キム・ジェウォン)
知能犯罪捜査隊文化財専担チーム刑事
イ・チュンジャ(チェ・ファジョン)
スカンクのパートナー
キム・ヨンス(イ・ドクファ)
権力者

 

ネタバレ鑑賞感想

 

3話・競売を阻止するため

ヤン会長が殺害された現場を物色するスカンク姿のデミョンは監視カメラが作動しているのに気付き逃走しようとするとテインに銃を突き付けられます。

「あれほど贈ったのにお返しがこれですか?、明日の朝にも届くのですぐに公開してください」と告げると隙をついて銃を叩き逃走します。翌朝、文化財庁に出勤するデミョンはニュースを見ろと庁長に言われ確認するとソウル警察庁文化財専門チームが直指の上巻の寄贈を受けたとテインが記者会見していました。

デミョンはうまくいったなと協力関係のチュンジャと話すころ、直指の上巻を盗まれたソンチョルはパク社長に拉致されボコボコにされていました。

 

デミョンはソンチョルの家に直指の上巻があったのを知ってだろうとミヌに疑われます。紹介しろとソンチョルの家まで連れて行かれるが彼が消えたのを知っているために不在のようだと告げ帰ろうとします。

超高圧電流で囲ってあるし侵入は危険だと告げるとやたら詳しいわねと疑われるが何とか隠し通路を発見されずに済みます。直指はソンチョルの家から泥棒が盗んだものだと知らされ驚くフリをするが黒豹のつもりだったのにスカンクと呼ばれていることを初めて知ります。

盗んだものはすべて調査リストに載っていた物だからスカンク逮捕に協力するよう言われます。署に戻るミヌは最初からデミョンを疑っていたのではないかとテインに聞くとスカンクと何かしらの関係はあると言われます。

ムグン美術館で競売にかけられる青磁梅瓶は12世紀頃に作られた文化財で、政府は国家帰属を求め訴訟を起こしたが美術館側が勝利しました。美術館のキム・ヨンス館長は検事任官後、国会議員や軍事独裁政権の要職に就き政界引退後は財団と美術館を運営してます。

 

デミョンは競売を阻止するよう庁長から指示を受けるなか、酒を飲みに行ったミヌはテインとばったり会いスカンクが青磁梅瓶を盗んでくれればいいのにと告げます。

するとテインの目的はスカンクを逮捕することではなくスカンクと協力関係でいることだと知らされシン・チャンフンと共にその船に乗っかります。

昨夜ペク・ユルホ社長の接待をしていたデミョンは競売当日に彼に声をかけ隣にいるキム・ヨンスに挨拶するが文化財庁と交渉に応じるつもりはないと言われます。最初からそのつもりのデミョンは中国最大流通グループのワン会長に会いに行くと監視していたミヌはやはりデミョンが現れたと笑みを見せます。

100億しかないから譲ってくれと頼んでいたデミョンはワン会長に105億まで出させると協力関係にあるチュンジャが150億で落札します。そしてスカンクに化けると・・・

100億の持ち金を明かしたのはチュンジャが200億持っているのでそれ以上出させないために他の競売に手を出させるためだったのね。だから他の品を落札していたワン会長は120億までしか出せなかったんだ。それにしてもチュンジャの経歴がすごい、17歳で韓国科学技術インに入学し国家安全企画部をハッキングして20歳で強制的に安企部要員になり冷戦後は国に捨てられたが株で4700億当てて安企部の敷地を買収・・・ぶっとんでますねww

 

4話・7つの銅銭

スカンクに変装するデミョンはチュンジャの150億を回収するために財団に渡る前に襲撃し危険な目に遭うもの防弾着で助かります。
翌朝、チュンジャが購入した青磁梅瓶は韓国政府に無償で寄贈され、ニュースを見ていたテインはスカンクの仕業だと笑みを浮かべます。それを聞いたミヌは払ったお金を盗んだとはずだと告げると、テインはこれで合法的に所有権を変えて公開できるし悪者も金が無くなると満足気に語ります。

スポンサーリンク

金を失うキム・ヨンスは首と金を取ってこいと激怒します。「私が死ねば道連れになる人がいるからお前も急いだほうがいいだろう」とヒンダルに告げると鑑定番組での朝鮮通宝を目にし早く行けと命じます。
ミヌは殺されたヤン会長が持っていた箱を分析し盗まれた中身は朝鮮通宝だと疑います。世界各国で朝鮮通宝を取り巻く殺人事件が起きており、何者かが集めていて箱の窪みから7つの朝鮮通宝があるのだと推測します。
テインは保管庫にある李舜臣の乱中日記の1つを確認し、略奪部隊が取り返すことができなかった宝は韓国のどこかに隠れており7つの朝鮮通宝が文化財を探す手掛かりなのかもしれないと告げます。
ミヌは鑑定番組で幼いヨンジが持っていた物が朝鮮通宝ではないかと心配し電話をかけるが繋がらずテインに報告し車を走らせます。ヨンジとヨンソクの姿はなかったが偶然にも知り合いのシスターのもとに身を寄せていると知り向かいます。
「危険に陥った子供だから保護して警察に連絡しろ」と神父が連れて来たと聞かされます。ミヌは銅銭を貸してほしいと告げると神父が持っていったと知り、テインたちが神父がいる洞窟を調べるとカメレオンと呼ばれる泥棒・コ博士だと分かります。

 

18年前に病気の妹とともにキム・ヨンスに拾われたヒンダルは朝鮮通宝を手に入れられず恩を仇で返すのかと叱咤されます。
いきなりミヌに逮捕され連行されるデミョンは一緒にしたいことがあるからスカンクに会わせてくれとテインに頼まれます。内容を知らない事には動けないと訴えるとスカンクに直接にハンスと言われ「僕がスカンクです」と白状します。
事実を話したのに、テイン、ミヌ、チャンフンから信用されません。
「スカンクの協力者だと知っている、チーム・カルマへの加入を歓迎する、スカンクに会わせてくれ」
デミョンは仕方なく自分は出張に出なければいけないがスカンクに会いに行くよう伝えると告げ去ります。

キム・ヨンス演じるイ・ドクファさん、よく拝見する役者さんですが何か疲れますwwヒンダルは病気の妹を助けてもらう引き換えに従っているのかな?忠誠があるのかないのかは分からないけど妹を盾に脅されているようにも見えますね。幼いヨンジには手を出せなかったから根は良い人なのかも?しかしヤン会長一派を皆殺しにしてたからな・・・

 

5話・警察庁と泥棒が協力関係

スカンクに変装してテインたちに会いに行くデミョンは協力したいと話を持ち掛けられ、朝鮮の宝を見つけたら次はムグンファ文化財団だと条件を出します。
スカンクが去った後、チーム・カルマを構成したテインはミヌとチャンフンと共に喜びやはり青磁梅瓶の件はスカンクだったなと満足します。
デミョンは警察庁の文化財専門担当チームと手を組むことにしたとチュンジャに報告するが雷が鳴り響くと18年前に殺された両親を思い出し恐怖心に襲われます。

スポンサーリンク

テインはキム・ヨンスを訪ね近くまで来たから挨拶に来ただけだと告げるが、違法に文化財を隠す奴等がいるから大忙しだと牽制します。銅銭収集に興味を持っているかと聞くと朝鮮通宝とは言っていないのに四方八方に散らばった朝鮮通宝を何で集めるのかと言われます。
肝機能が悪く移植を繰り返して生きてきたキム・ヨンスは文化財チームがどこまで知っているのか気になるために調査を命じ邪魔ならそのまま殺害してもいいと告げます。
ミヌは警察庁に訪ねてきたデミョンからスカンクを呼ぶことができるセキュリティー対策を講じたスマホを三台渡され受け取るがコ博士のかつての恋人から連ら鵜を受けすぐに車を出すよう頼みます。

 

老夫婦に変装するコ博士はかつての弟子たちを返り討ちにして詐欺を成功させていました。テインは弟子たちから捜査にあたっていたが詐欺に遭ったと言われ監視カメラの映像を目にすると老人がコ博士だと気付き思わず笑みを見せます。
しかしミヌからコ博士を捕らえたと報告を受け驚きすぐに身柄を引き渡してもらいます。
デミョンはミヌを送っていくとバックミラーに怪しい人物を目にしすぐに引き返すが彼女の姿はありませんでした。
危険を察知しスマホを渡していたのでスカンクの姿で救出に向かうとヒンダルを見てキム・ヨンスと一緒にいた奴だと思い出します。
背後から急に殴られ気を失ってしまうがミヌが隙をついて体当たりするとヒンダルは落下しサイレンが鳴り響きます。

ヒンダルは部下も皆殺しにしてたけどキム・ヨンスの命にはしっかり従ってますね。ただ何人殺しているのでしょうか。もしかしたらデミョンの両親も?、キム・ヨンスは表向きは子供たちを支援しているがおそらくドナーを探しているだけだろうな。

6話からのネタバレ

 

 

韓国ドラマ
スポンサーリンク