「雪華の炎」31話32話33話34話ネタバレあらすじを鑑賞感想で詳しく紹介

雪華の炎/作品情報

シュー・カイ&グーリーナーザー共演、中国ファンタジー時代劇。
人気作家・我吃西紅柿によるウェブ小説をリー・タッチウ監督が実写化。
オリジナル完全版を視聴しての紹介ですので話数が7話ほど多いのでよろしくお願いします。

 

あらすじ

スポンサーリンク

太古血脈の秘密を手に入れようとする伯父である墨陽琛の悪計により、
幼い頃に父親を殺され母親を拉致されてしまった雪鷹領の若き領主・東伯雪鷹は武術の稽古に励んでいました。
ある日、母親の行方を知り魔族の手下が潜む毀滅山脈へと乗り込むと危険なところを水源道観の美しき法師・余靖秋に助けられる。母親と同じ法術を使う余靖秋との運命的な出会いによって実力不足を痛感した東伯雪鷹は更なる修行の道へ・・・
父親の敵討ち、母親の救出は叶うのか?
「雪華の炎」全話あらすじ一覧とキャストはこちら

 

 

キャストは? シュー・カイ&グーリーナーザー共演

東伯雪鷹(シュー・カイ)
雪鷹領の領主、幼い頃に殺された父・東伯烈の敵討ちと連れ去られた母・墨陽瑜を探すために剣術に励む
余靖秋(グーリーナーザー)
水源道観の弟子で美しき法師、昔の記憶が封印されている
池丘白(ジョン・カイ)
水源道観の門派で長風学院の学長、天地の力を動かして天地と融合でき普通の武器では傷付かない超凡に達している
歩少希(リー・イートン)
雲霧城の城主で長風学院の教師
孔悠月(ルー・ティンユー)
長風学院の生徒で龍山国の武器屋の娘
東伯青石(リウ・ズールイ)
東伯雪鷹の弟。自分の弱さに悩み兄に協力するために白源之に弟子入りする
奥蘭(チェン・ヤン)
20年前に封印された大魔神の肉体を復活させようと他者を利用
墨陽琛(ゴン・ロー)
東伯雪鷹の母・墨陽瑜の兄。強くなるために執着し太古血脈の秘密を聞き出すために妹を監禁

人気作家・我吃西紅柿によるウェブ小説をリー・タッチウ監督が実写化

 

ネタバレ感想

 

31話・百戦密室への挑戦

密偵の情報がつかめない東伯雪鷹は相弟子と殺し合う修練法には違和感を覚えると池丘白に悩みを打ち明けると死の恐怖を味わってこそ真の敵に直面した時に身を守れるのだと言われます。

余靖秋が魔族に対抗するために龍山楼へ行くことを知り密偵に関して策があるから近々協力してほしいと告げます。

司徒鴻は元老たちにお願いし百戦密室への挑戦の許可を得ると魔族の能力を借りて扉の結界を開け腕試しでも圧倒します。

水源道観の観主・司空陽は超凡の域からほど遠いのに短期間でこれだけ向上するのはどう考えても怪しいと思うが、医官を呼んで治療する大地神殿の殿主・席雲は司徒鴻を弟子に迎え薪火宮に入門させました。

 

魔族から命を受ける姫容は雪鷹領へ行くために青石を利用して白源之に発作を起こさせる食事を届けさせます。濮陽波は最年少で超凡となった東伯雪鷹の友達であるため試験を免除され黒白神山の賀源に弟子入りします。

東伯雪鷹は司徒鴻がやってきたので驚き、ずいぶん腕を上げたなと褒めるが「才能と努力だ、お前だけが入門できると思っていたのか」と言われます。

水、火、風の真意をマスターする東伯雪鷹は蔵書閣で秘籍を書写していいと司空陽から褒美を賜ります。

司徒鴻、普通に返事だけできないのかね。いきなりやってきて東伯雪鷹にお前と顔を合わせると碌なことはないから出て行けって意味不明なんですけど。才能と努力って自分で言っていて恥ずかしくないのか?

 

32話・摩雪国の公主

東伯雪鷹は伝信箱の持ち主を暴くために余靖秋に便りを送って落ち合うと元老たちを呼び寄せる策を伝えます。
東伯雪鷹が主席の藍煞を訪ねるのと同時に魔族に扮した余靖秋は薪火宮の隠し部屋に侵入して騒ぎを起こします。二人の様子を監視して尾行してきた司徒鴻に封印されていた魔族の聖物が反応すると藍煞は元老たちを呼びます。
東伯雪鷹は余靖秋が頭痛の発作を起こしていたので母・墨陽瑜から贈られた物入法器の中に逃げ込みます。

スポンサーリンク

元老たち全員が来ていたので東伯雪鷹は戸惑うなか、魔族と戦った摩雪国主の簪の精から目覚める雪若霜は余靖秋を治療すると彼女は摩雪国少主だと言います。
魔族との戦いの時にいつか迎えにくることを決意し神脈を封じて記憶を封印し水源道観に託したが簪の姿になると魔族の聖物と間違えられて封印されていたのだと雪若霜は説明します。
そして国主夫妻の亡骸を見つけたら摩雪国へ帰ると元老たちに告げ、あなたは国を守る使命があると余靖秋に告げます。

 

東伯雪鷹が伝信箱が盗まれている事に気付く頃、姫容は青石を誘って雪鷹府に戻り人々を悪魔に変えるために魔気を仕掛けます。
大魔神は余靖秋は神族の末裔で神力が覚醒すれば龍山国など敵ではないため彼女を操って元老を始末させればいいと大祭司に託します。墨陽琛から余靖秋に霊液を飲ませろと指示される司徒鴻は大司命の命令だと言われ会った事もないと告げます。
しかし、話を聞くうちに魔気に襲われていなかったことを思い出し正体を察します。

ん~、やはり大地神殿の殿主・席雲っぽいな。やたら線が細いから席雲か賀源なのよねww賀源は結界を張って頑張っていたし濮陽波を弟子にしてたから違うと思うのよね。隠し部屋の時にも隠れている司徒鴻の前に敢えて席雲は立っていたように感じられた。それにしても東伯雪鷹や師兄、そして元老たちがいたのに司徒鴻ごときが隠れているのに気付けないのかな・・・

 

33話・心に従え

東伯雪鷹は司徒鴻の様子を見て何か隠しているようだと察するが余靖秋が摩雪国へ帰るつもりだと知り黙って行くつもりだったのかと責めます。
一緒にいたいが摩雪国を守る死命があるから仕方がないのだと余靖秋はその場を去ってしまい、悲しませるだけだから近付くなと雪若霜に言われてしまいます。

 

東伯雪鷹は修練に集中できないでいると余風と巫蒼からどうしたんだと心配されます。どの道を選ぶにしても後悔するな、心に従えと背中を押され雪若霜の目を盗んで余靖秋を連れ出します。
密偵は捕まえていないし母・墨陽瑜も心配だと話すと、太古血脈を持ち龍山国で最強だったから墨陽琛なんかに操られるとは思えないと言われます。魔族の手先だと知り敢えてとどまって見張っているのではないかと思いつきもしなかったので頷きます。
そして3回叩けば自分の法器に知らせが届く簪を余靖秋に贈ります。
司空陽は雪若霜を訪ねると余靖秋を連れ出すのに協力した余風が罰せられていたので、余靖秋と東伯雪鷹の仲を引き裂くのは残酷ではないかと問います。

 

父と弟の仇を取りたいのにどこにも弟子入りできない孔悠月は東伯雪鷹と余靖秋に相談します。司空陽のもとを訪ねようとすると池丘白が来ており追跡術により最後に青銅の棺が示したのは盧家堡だと告げていました。
姫容は摩気を仕掛けようとすると、いつの間にか師匠・白源之がいて止められます。思わず手を出してしまうと魔気が放たれて白源之は倒れ、そこに駆け付けた青石と宗凌に魔族と出くわしたと誤魔化します。

孔悠月、敵を討ちたい気持ちは分かるが魔族の実態を掴めていないのだから1人じゃ無理でしょうよ。みんな心配しているのよ。無謀だから止めてくれ。司徒鴻はおそらく余靖秋には何もしないだろうから大祭司の命はどうするのかね?

 

34話・半魔人

父と弟の敵討ちを焦る孔悠月は血刃酒館を訪ね弟子入りを願うと司空陽の腕を取ってくるよう孔悠月に命じられます。同行していた東伯雪鷹と余靖秋は理由を話さないのなら元老たちに報告すると告げると「あいつは魔族の密偵だ」と言われ耳を疑います。
「かつて単流雲は司空陽の情報で魔族に潜入し悲劇が起こった、密偵だと確信しているから腕を取ってこい」

スポンサーリンク

 

余靖秋たちは動揺するが誰であれ魔族の密偵なら許さないと決心し司空陽を訪ねます。食事に誘い眠らせて腕を確認するが何の痕跡もありませんでした。孔悠月が魔族の手先は巧みに正体を隠すから腕を取るべきと言い出したので東伯雪鷹は連れ出します。
そのころ司空陽は何とか眠らずに脈を抑えることができたと苦しみます。賀源は東伯雪鷹の兄弟分だから期待して濮陽波と弟子にしたが騙されたのではないかと腹が立ちます。
しかし陣から逃げ出したので素質はあるようだと思います。

 

孔悠月は司空陽が三日おきに白源之の治療に通っていると東伯雪鷹に報告します。二人が仲間だとすると雪鷹領の様子を見に帰った方がいいのではないかと勧めます。
東伯雪鷹は戻ると銅三が亡くなった日に新たな神魔の井戸が造られた場所に姫容がいたから偶然じゃないはずと宗凌に言われます。
姫容の賭博付きの父親を捜し出すと母親が魔族で姫容は半魔人だと知ります。青石が受け入れられるとは思えないし次の企みを暴くまで魔族を刺激したくないので困惑します。
孔悠月は白源之も知っていたはずと思い押し掛けると姫容が立ち塞がったので攻撃します。すると半魔人であると正体を現すが白源之が止めに入ると二人を行かせてやれと司空陽に言われます。

司空陽は確かに魔に侵されているが密偵とは限らないのよね。姫容は魔族の手先だけれども白源之はそうじゃないし悪人とは限らないね。それにしても司徒鴻って修練してないでしょ、もう東伯雪鷹と余靖秋のストーカーなんじゃないかな・・・やれやれ。フラれた腹いせに奴なら大祭司の命を実行しそう。そして姫容を同乗して許すのならもうちょっと早い段階でお願いしたいよww銅三は殺されているんですよ?青石分かってる?

35話~のネタバレは更新中

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク