「雪華の炎」全話ネタバレあらすじを最終回まで鑑賞感想で詳しく紹介

雪華の炎/作品情報

シュー・カイ&グーリーナーザー共演、中国ファンタジー時代劇。
人気作家・我吃西紅柿によるウェブ小説をリー・タッチウ監督が実写化。
オリジナル完全版を視聴しての紹介ですので話数が7話ほど多いのでよろしくお願いします。

 

どんな話?

スポンサーリンク

太古血脈の秘密を手に入れようとする伯父である墨陽琛の悪計により、
幼い頃に父親を殺され母親を拉致されてしまった雪鷹領の若き領主・東伯雪鷹は武術の稽古に励んでいました。
ある日、母親の行方を知り魔族の手下が潜む毀滅山脈へと乗り込むと危険なところを水源道観の美しき法師・余靖秋に助けられる。母親と同じ法術を使う余靖秋との運命的な出会いによって実力不足を痛感した東伯雪鷹は更なる修行の道へ・・
父親の敵討ち、母親の救出は叶うのか?

 

キャストは? シュー・カイ&グーリーナーザー共演

東伯雪鷹(シュー・カイ)
雪鷹領の領主、幼い頃に殺された父・東伯烈の敵討ちと連れ去られた母・墨陽瑜を探すために剣術に励む
余靖秋(グーリーナーザー)
水源道観の弟子で美しき法師、昔の記憶が封印されている
池丘白(ジョン・カイ)
水源道観の門派で長風学院の学長、天地の力を動かして天地と融合でき普通の武器では傷付かない超凡に達している
歩少希(リー・イートン)
雲霧城の城主で長風学院の教師
孔悠月(ルー・ティンユー)
長風学院の生徒で龍山国の武器屋の娘
東伯青石(リウ・ズールイ)
東伯雪鷹の弟。自分の弱さに悩み兄に協力するために白源之に弟子入りする
奥蘭(チェン・ヤン)
20年前に封印された大魔神の肉体を復活させようと他者を利用
墨陽琛(ゴン・ロー)
東伯雪鷹の母・墨陽瑜の兄。強くなるために執着し太古血脈の秘密を聞き出すために妹を監禁
人気作家・我吃西紅柿によるウェブ小説をリー・タッチウ監督が実写化

 

 

全話あらすじ一覧を最終話まで

詳しいネタバレは各話のリンクから飛んでください。
1話~3話ネタバレは同ページ内にジャンプします

1話~10話

1話~3話・詳しくはこちら(ページ内にジャンプします)

簡単なあらすじ・幼い頃、墨陽琛によって父は殺され母が拉致された東伯雪鷹は復讐と捜索のために剣術に励む。10年後、魔人調査の時に水源道観の弟子・余靖秋と出会う。盖斌に微柄を龍山楼に引き渡し母親に居場所を聞き出す。

4話~6話・詳しくはこちら

簡単なあらすじ・雷潮涯に到着した東伯雪鷹は1人で乗り込み母親と再会するが墨陽琛にやられ救出できず。余靖秋は水源道観の観主・司空陽から誰かに出自の記憶を封印されている事を知らされる。盖斌を始末したと報告を受ける奥蘭は魔人を連れて南琴にある封印された神摩の井戸へ行くよう命じる

7話~10話・詳しくはこちら

簡単なあらすじ・白源之に弟子入りした東伯雪鷹の弟・青石は法術の修練に励む。東伯雪鷹たちは長風学院の入学試験に挑む。武器祭の帰り東伯雪鷹は魔族を見かけ余靖秋と共に追うが魔族の陣に吸い込まれる。堡主の盧懐如と魔族が結託していると疑い・・・

 

11話~

更新中

 

ネタバレ感想

1話~3話のネタバレになります。

東伯雪鷹(シュー・カイ)余靖秋(グーリーナーザー)池丘白(ジョン・カイ)歩少希(リー・イートン)孔悠月(ルー・ティンユー)姫容(ソン・シンラン)東伯青石(リウ・ズールイ)奥蘭(チェン・ヤン)墨陽琛(ゴン・ロー)人気作家・我吃西紅柿によるウェブ小説をリー・タッチウ監督が実写化

 

1話・父の仇と母の捜索のために

東伯雪鷹は父・東伯烈、母・墨陽瑜、弟・東伯青石と食卓を囲み幸せに暮らしていました。
飼うつもりでかわいい狼を連れて帰ったが家族から引き離されたらどう思うかと東伯烈に論され狼王に返しに行きます。
修練者が超凡になるまでの物語「十大超凡騎士」を読み、普通騎士が人階、地階、天階の修練を得て流星級、銀月級、称号級の星辰騎士を目指し闘気も強くなっていくのだと東伯青石に話します。
超凡は天地の力を動かして天地と融合でき普通の武器では傷付かない、2人で修練を重ね超凡になろうと抱き合います。

スポンサーリンク

 

ある日、墨陽瑜の兄・墨陽琛が現れ東伯烈は剣を持ち出します。墨陽瑜は寝ている東伯雪鷹を起こし物入いれ法器を首からぶら下げて血脈を注くと子供たちと逃げるよう銅三に託します。
墨陽琛から縁談を拒んで駆け落ちして顔をつぶしたから連れて帰ると訴えられるが強くなるために執着する兄であるため目的は別にあるだろうと言い放ちます。
東伯雪鷹は駆け付けてしまうと息子も太古血脈を受け継いでいるのかと墨陽琛が迫ってきたために必死に守ると足にしがみつく東伯烈は殺されてしまいます。墨陽瑜は共に行くから息子には手を出すなと条件を出し息子二人と別れます。
東伯雪鷹は龍山楼を訪ね父親を殺し母親を連れ去った墨陽琛を殺してくれと訴えると黒鉄令を持つ者しか依頼できないと門前払いされます。

 

~10年後、墨陽琛への復讐、そして母親の救出を目的に剣術に励んでいた東伯雪鷹だが闘気さえ得られない状態でした。銅三と宗凌から焦るなと言われるが食事を終えるとするとすぐに剣術に励み槍を折り続けます。

六大超凡組織
超凡が多い門派である司空陽の水源道観、
法陣に長ける賀源の黒白神山、
秘術に長ける席雲の大地神殿、
一心に民を守る歩姉妹の雲霧城、
辺鄙な場所にあり法器も乏しい太叔の海神宮、
我が道を行く元老会から身を引いた葉玫の血刃酒館、

民たちが魔人の襲撃に怯える中、龍山楼の司安は六大超凡組織はどこも実力派だが20年前に夏族に撃退された魔神会が関与しているだろうと思います。

 

2話・美しき法師

魔人との戦いに挑む東伯雪鷹は危ないところを水源道観の門派で長風学院の学長・池丘白に助けられます。
東伯青石から龍山楼の布告を見せられる東伯雪鷹は魔人について調べた者に黒鉄令が与えられると知り宗凌を連れて毀滅山脈に向かいます。
悪名高い盖斌率いる彎刀盟が魔人に関与しているはずと疑い縄張りに足を踏み入れると襲撃に遭うが母・墨陽瑜と同じように霊力を使う法師に助けられます。水源道観の弟子である余靖秋の美しさに目を奪われるが宗凌とはぐれてしまったので捜しに行かねばと思います。
その頃、戦いで意識を失い倒れていた宗凌は毀滅山脈に調査のためにやってきた池丘白に助けられていました。

 

魔人を作る摩将・項龐雲は逃げられたと報告を受け魔煙を辿って行けと命じます。摩煙に導かれた盖斌率いる彎刀盟に見付かった東伯雪鷹と余靖秋は応戦するが、埒が明かないので淵へと飛び込みます。
海底で水源道観の宝・海洋界石を発見し手にするが大量の魔人が淵の水から現れたのを目にします。

 

3話・闘気が覚醒

東伯雪鷹と余靖秋は洞窟に入り込むと多くの魔陣が盖斌によって鎖につながれていました。海洋界石を手にした事で魔毒に侵され余靖秋は法術を使うことができなかったが池丘白と宗凌がやってきたことで救われます。
海洋界石を受け取る池丘白は魔毒を抑え込むと東伯雪鷹は何で魔毒に侵されていないのか不思議に思うが何者かが海洋界石の力で水に霊液を変え触れた者が魔人になっていたようだと確信します。

スポンサーリンク

 

東伯雪鷹は池丘白に同行を頼み魔人の調査報告するため龍山楼を訪ねます。10年前に門前払いしたものだと司安に気付かれ流星級に達した者しか持てない黒鉄令を授かるが、龍山楼に依頼できるが召喚されたら集結し命に従わなければならないと忠告されます。
母・墨陽瑜の居場所を教えてほしいと依頼すると魔族の計画が分からないから盖斌を捕らえるよう言われます。
元老会に参加しろと池丘白に誘われた東伯雪鷹は手掛かりを得るために宗凌に先に戻るよう指示します。黒白神山の賀源から100年に一度の逸材か全く素質がないかどちらかだと興味を持たれるなか海洋界石を得たと布告し雪鷹領に戻ります。
手伝ってくれることになった余靖秋を紹介するがさっそく布告を目にした盖斌が襲撃しにきます。東伯雪鷹は戦いの途中で天地の霊気を吸収し闘気が覚醒して普通騎士の修練を経ずして流星級の力を得えると捕らえた盖斌を龍山楼に引き渡します。
そして母親の居場所が雷潮涯だと知るとどんな場所かも聞かずに出て行きます。

 

1話~3話・感想
なにやらゲームにしたら面白そうな内容ですね。会話の内容から墨陽瑜は20年前の魔族との大戦で功力を使い果たしてわずかに残る太古血脈を法器に注いでいたから東伯雪鷹が受け継ぐのでしょうね・・・多分ww
魔族は誰が誰だが分からないな、魔人を作っていた項龐雲は盖斌を操っていたけど失敗したことで奥蘭に罰をくらっていたから彼も駒なんだろうね

全話あらすじ一覧に戻る