「雪華の炎」43話44話45話ネタバレあらすじを鑑賞感想で詳しく紹介

雪華の炎/作品情報

シュー・カイ&グーリーナーザー共演、中国ファンタジー時代劇。
人気作家・我吃西紅柿によるウェブ小説をリー・タッチウ監督が実写化。
オリジナル完全版を視聴しての紹介ですので話数が7話ほど多いのでよろしくお願いします。

 

あらすじ

スポンサーリンク

太古血脈の秘密を手に入れようとする伯父である墨陽琛の悪計により、
幼い頃に父親を殺され母親を拉致されてしまった雪鷹領の若き領主・東伯雪鷹は武術の稽古に励んでいました。
ある日、母親の行方を知り魔族の手下が潜む毀滅山脈へと乗り込むと危険なところを水源道観の美しき法師・余靖秋に助けられる。母親と同じ法術を使う余靖秋との運命的な出会いによって実力不足を痛感した東伯雪鷹は更なる修行の道へ・・・
父親の敵討ち、母親の救出は叶うのか?
「雪華の炎」全話あらすじ一覧とキャストはこちら

 

 

キャストは? シュー・カイ&グーリーナーザー共演

東伯雪鷹(シュー・カイ)
雪鷹領の領主、幼い頃に殺された父・東伯烈の敵討ちと連れ去られた母・墨陽瑜を探すために剣術に励む
余靖秋(グーリーナーザー)
水源道観の弟子で美しき法師、昔の記憶が封印されている
池丘白(ジョン・カイ)
水源道観の門派で長風学院の学長、天地の力を動かして天地と融合でき普通の武器では傷付かない超凡に達している
歩少希(リー・イートン)
雲霧城の城主で長風学院の教師
孔悠月(ルー・ティンユー)
長風学院の生徒で龍山国の武器屋の娘
東伯青石(リウ・ズールイ)
東伯雪鷹の弟。自分の弱さに悩み兄に協力するために白源之に弟子入りする
奥蘭(チェン・ヤン)
20年前に封印された大魔神の肉体を復活させようと他者を利用
墨陽琛(ゴン・ロー)
東伯雪鷹の母・墨陽瑜の兄。強くなるために執着し太古血脈の秘密を聞き出すために妹を監禁

人気作家・我吃西紅柿によるウェブ小説をリー・タッチウ監督が実写化

 

ネタバレ鑑賞感想

 

43話・改心せず裏切り

孔悠月と濮陽波は修練中の東伯雪鷹を訪ねます。勝手に茶を飲んだ濮陽波が苦しみ急いで治療する東伯雪鷹は孔悠月とすべて同じものを食べたが違うのはそのお茶だけだと言われ、先ほどまで司徒鴻が訪ねていたと言います。

孔悠月と濮陽波は間違いなく司徒鴻の仕業だと確信し問い詰めに行くといつものように惚けられるがそこにやってきた卓依が気脈の調整を得意としているためにお茶を飲んで司徒鴻を庇います。孔悠月は絶対に司徒鴻の仕業だと疑うが東伯雪鷹に誤解だから行かせるよう言われ引き下がります。

悪人じゃないと分かっている、だけどそこまでして東伯雪鷹に勝ちたいかと卓依に訴えられる司徒鴻はこれ以上詮索するなと忠告し去ります。

 

東伯雪鷹たちは司空陽に報告しようとしたが悪魔化した単流雲に会ったのだろうと言われます

「魔族を除かねば夏族の安寧はない、もし我々が魔毒を制御できなくなったら情けはかけるな」

信念がなければ強くても意味はないと池丘白から叱咤激励だれていた東伯雪鷹は大魔神の肉体の一部を見つけ消滅させなければと思います。

白源之に軟禁されていた姫容は奥蘭に救出されると雪鷹領で巫神剣を手に入れ雷潮涯へ向かえと命じられます。雪鷹領に潜入すると池丘白が東伯雪鷹を傷付けないために巫神剣を入手していたので驚くが察知され剣を突き付けられます。

奥蘭に従うふりをして巫神剣を入手していた池丘白は姫容を殺せとも言われていたが眠らせていた宗凌が目を覚ましたので逃げる姫容を追う事はしませんでした。姫容は池丘白に奪われたと告げに行くが奥蘭は自分を殺そうとしたのだと気付くが青石を利用して東伯雪鷹を誘きよせると訴えると大魔神が現れ機会を与えられます。

 

池丘白は自分の体内に大魔神を移し東伯雪鷹に殺してもらうとしているのかな?それにしても姫容はもっとはやく改心できるタイミングあったでしょうよ、まだ裏切るの?まぁ~司徒鴻よりはましだけどさ。卓依よけいな事してくれるよな・・・悪人でなければあんな偽りの言葉をベラベラ言えないし態度を見れば分かるでしょ。急にべったり司徒鴻について庇ってるし兎を助けたのを見ただけで惚れたのか?魔族と結託しているのに庇うのは同罪ではないか?

 

44話・魔族に侵される国

龍山楼の青石を訪ねる姫容は騙して彼を眠らせると黒玄機を使って黒鉄令を放ち魔族を操ります。薪火宮の弟子たちが突然悪魔に豹変し駆け付ける東伯雪鷹たち。
藍煞や余風が魔に落ちそうになり巫蒼や卓依が必死に食い止めるなか、葉玫は黒鉄令が原因だと気付くと東伯雪鷹や池丘白たちは龍山楼に駆け付けます。

スポンサーリンク

魔毒に侵された司安は私を殺してくれと青石に訴える中、池丘白は逃げる姫容を目にし追いかけます。解毒薬を出せないなら命はないと訴えると姫容は戦うために奥蘭に渡されていた丹薬を飲むが毒を飲まされ倒れます。
池丘白は機会は与えたので殺そうとすると弟子の処罰は任せてくれと白源之が現れます。
宗凌は青石の魔毒を吸いこんで倒れ、魔族を必死に食い止める司空陽と葉玫も力尽きます。青石は仕方なく黒鉄令を操れる契約符を自分に移すために司安を殺して楼主になり騒動を止めます。

 

孔悠月は司徒鴻が魔族を助けたのを見逃さすに追いかけ、墨陽琛と剣を交える濮陽波は元老会で死罪にするよう訴えられていた師匠が庇ってくれたからお前は生きていられるんだと訴えます。
師匠はずっと改心を望んで見逃してきたのに悔い改めないで死傷殺しに加担したんだと責めます。墨陽琛は心が揺れるが奥蘭に声をかけられ罪悪感は吹き飛び東伯雪鷹を誘きよせます。
東伯雪鷹を孔悠月を救出すると濮陽波に託し奥蘭、墨陽琛、司徒鴻と対峙するが魔功でしか解けない陣に捕まります。

うっざーーーーい、司徒鴻、腕汲んでニヤニヤしてるけどお前の力など一ミリも関与してませんからね。まさか姫容を最後は許すのか?これだけ多くの犠牲者が出たのですからね、白源之分かってる?そもそも龍山楼に入るだけでもかなり苦労する場所のはずよね、青石がどうぞどうぞと姫容を招いたせいでもある。仕方なく魔毒に侵されたなら分かるけど自ら接近した司徒鴻は絶対に死罪ですよね?

 

45話・最大の過ち

池丘白は巫神の陣が敷かれたことを察知し駆け付けます。東伯雪鷹を助けるために魔功を使って陣を解き救出するが東伯雪鷹の血脈は巫神剣の巫毒に侵されてしまいます。
濮陽波たちから何で魔功を放ったのかと訴えられるが池丘白は何も言わずに去ります。
摩雪国から東伯雪鷹を見守っていた余靖秋は人間界に戻りたいと雪若霜に訴えると、巫毒は大魔神の兄弟である巫神が己の内丹で作ったもので解毒薬はないから行っても同じだと言われます。

スポンサーリンク

余靖秋は神脈を完全に除き神女を捨て、ただの人間になれば人間界に留まる事ができると雪若霜が教えられ迷うことなく受け入れます。
濮陽波と孔悠月は闘気が失われていく東伯雪鷹の治療をしていると余靖秋がやってきたので驚きます。体内の巫毒をしばらく抑えることができる苦百回を体内に注ぎこみ、意識が戻る東伯雪鷹と抱き合い離れないと誓い合います。

 

白源之は魔毒を抱えたまま逝きたくないので経脈を断つと正しい道に戻り生きるのだと姫容に告げ絶命します。龍山楼の楼主となった青石は黒玄機に魔毒を注ぎ込んだのは姫容だと分かり今まで何があっても庇ってきたがずっと利用されていたのだとがっかりします。
彼女がやって来たので問い詰めると「人間など信じられない、魔族が帰る場所」と開き直って言われます。
銅三や宗凌を失っただけでなく多くの命が犠牲になったので、君を愛したことが人生で最大の過ちだと言い放ち攻撃すると姫容は自らの過ちを認めて応戦することなく受け入れます。

申し訳ないけど姫容、遅いのよ。あまりにも犠牲者を多く出しすぎ、せめて銅三が亡くなってしまってから改心すればまだ生まれたときからの半魔人の苦しみを理解できたよ。白源之みたいに魔に侵されても20年も裏切らずに耐えていた人と一緒にされても困るのよ

最終話までのネタバレ

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク