「与君歌」13話14話15話ネタバレあらすじを鑑賞感想で詳しく紹介

与君歌~乱世に舞う運命の姉妹~

歴史事件をベースに描かれたチョン・イー&チャン・ユーシー共演の中国ファンタジー歴史ドラマ

 

与君歌・どんな話?

スポンサーリンク

勢力が二つの派閥に別れる大興王朝の時代。
実権を握れない若き皇帝の武宗・斉焱を守る紫衣局、そして斉焱を即位させたものの皇権と大臣を支配するために将棋営を主導する大宦官・仇子梁。
紫衣局の程若魚は皇帝の護衛官として宮中に入り、仇子梁の養女・仇煙織は思惑を抱きつつ斉焱に近づいていく。
そんな二人は家族を殺され長年離れ離れになっていた姉妹であることを知り・・・

「与君歌」全49話ネタバレあらすじ一覧はこちら

 

与君歌のキャストは? チョン・イー&チャン・ユーシー共演

斉焱(チョン・イー)
実権を握られている若き大興王朝の皇帝。
程若魚(チャン・ユーシー)
紫衣局の尚宮・程兮に育てられ執剣人となり皇帝を守る
斉宸(ハン・ドン)
斉焱の皇叔、仇子梁と斉焱から王権を取り戻そうと計画
仇煙織(シュエン・ルー)
仇子梁の義娘、暗殺組織将棋営のリーダーだが後に程若魚と姉妹だと知り・・・
仇子梁(ミッキー・ホー)
陰険かつ狡猾な権力を持つ大宦官、仇煙織が殺した宰相の孫とは知らずに育てる

 

ネタバレ鑑賞感想

 

13話・鎮呉の郡主

昏睡状態の寧和郡主を連れて皇宮に入った弥紗郡主は斉焱がまだ誰も娶っていないと知り会わせろと程懐智に訴えます。

斉焱は実際はどうか分からないが寧和郡主を救ってくれたことになっているため感謝の意を込めて宴の準備を命じます。仇煙織は弥紗郡主が仇子梁に無礼を働き斉焱に興味を持っているので今まで同様に斉焱と仇子梁を反目させるためにやってきたのだと疑います。

弥紗郡主が斉焱に射術の勝負を挑んだので程若魚は代わりに相手をすると名乗り出ます。簡単にあしらうと逆上した弥紗郡主が3本まとめていきなり放ったので斉焱は手巾を投げつけて矢を落とします。

 

珖王(斉宸)は寧和郡主の様子を見に行くと仇煙織がやってきます。毒の痕跡はなく傷も浅いのに目覚めないと告げると馬乳酒の臭いだと指摘され、酔った状態で大量に出血し中風となり目覚めないのかと把握します。

すると仇煙織から鎮呉の使者名簿を渡され束ねているのは郡主ではなく孫烈だと知らされます。程若魚は仇子梁に呼ばれると次に弥紗郡主と手合わせするときは油断するなと忠告され、斉焱が弥紗郡主に会いに行ったので気になり様子を伺いに行きます。

「陛下が私を娶れば鎮呉の兵を意のまま使えます」、斉焱は承諾するがその前に軍師に会いたいと要求します。

 

斉焱は寧和郡主の見舞いに行くと利点がなく鎮呉の仕業だとは断定できないと珖王に言われます。斉焱は程若魚が仇子梁から贈られた花を手にしていたので皇后を選ぶ権利はないという忠告だと見抜き彼女を守るためにもお前は執剣人であり妃にはなれないと忠告しときます。

やはりそうか、ただ皇后になりたいだけなのよね。だけど昏睡状態の寧和郡主の目の前で剣舞が見たいと呑気に口にするような人はふさわしくないでしょうねwwそして新たな右士という女性が現れた、その右士に仇煙織を見張るよう仇子梁は指示していたから信用失いつつあるのか?

 

14話・鎮呉の軍師

程若魚は韓定が斉焱に何やら報告しているのを除いていると紫衣局に戻るよう命じられてしまいます。このままだと程若魚に誤解されるのではと韓定に聞かれる斉焱だがちょうど仇子梁が皇后の件について彼女を邪魔扱いしていたので遠ざけるのだと告げます。

程若魚は陛下に疑われているなら紫衣局に戻されるわけないので何か理由があるはずと程兮に告げます。

スポンサーリンク

斉焱は弥紗郡主と街に出かけて西市を訪れると刺客に襲われます。駆け付けた程若魚が廬従の令牌を拾って渡すと片付けとけと言われ去られてしまうが仇煙織がいるのに気付き武術の型が将棋兵のものだったので刺客に令牌を持たせたなと訴えます。

すると第三の人物は鎮呉の軍師で盧行の行商に扮して上京したから街を封鎖してこの際に捕らえるためだと教えられます。そのころ斉焱は将棋営も気付いたようだと韓定に言われ、先に軍師を見つけるよう命じます。

程若魚は自分が追いやられたのは守るためだったと把握するが仇煙織が皇后の座を狙っていると知り驚きます。斉焱が好きなわけではなく皇后の座が欲しいだけと言われ、そこに厳修がやってきたので「あの人はあなたに惚れてるけどどうするの?」と訴えます。

沈黙の後、厳修は将棋営から皇后が誕生すれば大出世できると顔を引きづりながら強がります。

 

斉焱は玉娘に会いに行こうとすると案内すると夏紫苑に呼び止められるが騙されて韓岳に手刀をくらい意識を失います。いつまで寝たふりしているんだと起こされると8年前に斉焱に射抜かれて片眼を負傷したのだから復讐心を抱くのは当然だと言われます。

すると韓岳の奴婢だった夏紫苑に目隠しされた珖王が連行されてきたので驚きます。斉焱は程若魚が浚われたと知り弥紗郡主のもとにおしかけ孫烈に軍師はどこだと剣を突き付けます。

目撃情報を得て斉焱は去っていくと、ただ一人何も知らなかった弥紗郡主は孫烈を引っ叩き軍師はどこだと問い詰めます。

斉焱は夏紫苑を見た時に知っているような表情をしていたね。最初から韓岳の奴婢だった奴だと見抜いていたんだ。だけどどれならそこから問い詰めればいいものを・・・珖王ずっと疑っていたすまんwwただ韓岳は先帝の遺詔を持っているのでは?そして太皇太后の宴はまだだったのね、なんか随分前に話が出てきた記憶があるけど・・

 

15話・8年ぶりの再会

斉焱は程若魚を救いたければ玉真坊へ来いと手紙を読んでいると居場所を聞いてきた仇煙織に文を渡します。

程若魚は何で陛下を狙うのだと訴えると珖王から8年前に起きた朝露の変の真相を聞かされます。仇子梁の権勢が強大となり悩む先帝は李叙や鄭禄と相談し誅殺するために呼び出したが失敗し李叙と鄭禄は殺害されました。

捕らわれて軟禁される先帝は珖王に皇位を継がせる遺詔を宰相・王揚に渡すよう命じたが宰相府も襲撃され滅ぼされたのです。先帝は8年も軟禁され今年の初めに崩御したと知り程若魚は驚きます。

スポンサーリンク

仇煙織は玉真坊を包囲するよう厳修に命じると夏紫苑がやってきて玉真坊が鎮呉の軍師に奪われ捕まったと言われます。すると左馬と仲間だと察し将棋営の裏切り者と玉真坊の裏切り者が何用だと訴えると仏見笑を使われており気を失います。

その頃、仇子梁は双炮は淮何、右車は盧従、左車は兆儀で同時に失踪したと右士から報告を受けるが報告が同時に上がっただけで時間にずれがあるはずと告げます。

 

仇子梁は玉真坊に足を踏み入れると死体が転がっており陛下の亡骸を捜すよう命じます。その頃、左馬によって起こされる仇煙織と斉焱の前に韓岳がやってきます。

仇煙織は二人で話がしたいと訴えると韓岳は斉焱を珖王と程若魚がいる牢に投獄します。二人きりになると仇煙織は「玉若清が左金吾大将軍に挨拶します」と目に涙を浮かべ再会を喜び韓岳は生きていたのかと驚きます。

仇子梁は右士から仇煙織、斉焱、左馬、珖王、程若魚、厳修の行方が分からないと報告を受けます。

仇子梁が玉真坊に行ったのは何?なんかよく分からん行動だったな。それにしても珖王が育てていた仏見笑が使われているのがまだちょっと疑うところなのよね・・・
程若魚は珖王に助けられていたが仇煙織は違うのね、一人で頑張って逃げて医官の治療を受け人買いに売り出され妓生となり、そこの主を殺して皆に服従させたときに仇子梁に認められて将棋営の一員になったと・・・壮絶な人生ですね
これで仇子梁に復讐心があることがはっきりしましたね、斉焱に対しても復讐心があるはずだがそのために女帝を目指すのか。まだ程若魚が妹とは気付いていないようね

16話からのネタバレ

 

 

華流ドラマ
スポンサーリンク